トップページ旬のおすすめ農産物ぎゅっと甘みを蓄えた冬春の青森県産「いちご」

旬のおすすめ農産物

ぎゅっと甘みを蓄えた冬春の青森県産「いちご」

2017年03月13日

ぎゅっと甘みを蓄えた冬春の青森県産「いちご」

夏でも採れる夏秋いちごがだんだんと浸透し、暑い時期も
いちごを楽しめるようになりました。
夏秋いちごとして作られるいちごの品種は、暑さに強く、しっかりとした
酸味があるのが特長ですが、いちごの本来の旬である冬春いちごの品種は、
まだまだ寒い季節の中、じっくり成長するため、糖度が乗ると言われています。

HARVEST MARKET「青森いちご」取扱生産者はコチラから!



----「いちご」を食べよう!----
◇いちごのおすすめの食べ方
いちごはヘタが付いている方よりも、先が細くなっている方が甘みが
強いと言われています。そのため、ヘタ側から口に入れたほうが甘さが口全体に
広がり本来のいちごの甘さを楽しみやすいです。

◇いちごのヘタ取り
いちごは葉だけを取ろうとすると芯が残り、芯も取ろうとすると
手を汚してしまいます。
いちごのヘタを取るおすすめの方法が、いちごの先細くなった方から垂直に
ストローを刺すという方法です。
過去にテレビで放映されていた方法で、芯とヘタをキレイに取ることが
できるのでおすすめです。

----美味しい「いちご」の見分け方----
・ヘタがみずみずしく、反り返っているものほど鮮度はばっちり。
・種を覆うように実が盛り上がっているものは完熟の証。
・果皮にツヤがあり、色づきの良い果実は栄養が十分に行き渡った証拠。

----青森の「いちご」品種----
とちおとめ…甘みも酸味もバランスが良い大粒品種で東日本№1人気の品種
さちのか…果肉がしっかりしていて酸味が少ない、全国的に一番作られている品種
紅ほっぺ…コクがあり、果実がしっかりとした円柱型の大粒品種
麗紅…昔ながらの酸味もしっかりとあるいちごで、丸みがある鮮やかな色合いのいちご

青森県は南部地方(八戸市やおいらせ町等)も津軽地方(弘前市・田舎館村・黒石市等)
にも生産組合があり、年間通して冷涼な気候を生かし、栽培されています。
春~初夏にかけては観光農園で収穫体験ができる農園もあります。

▼HARVEST MARKET登録生産者さんの観光農園

工藤観光農園
http://www.harvestmarket.jp/1515kudou/

津軽ゆめりんごファーム
http://www.harvestmarket.jp/yumeringo/

旬の時期にご自身が収穫したいちごを味わってみてはいかがでしょうか?



青森県産「いちご」を是非みなさん味わってみてください!
他、青森県季節のおすすめ農産物はコチラから!

旬のおすすめ農産物一覧へ戻る

お問い合わせ

農家・生産者、農業関連団体・農業従事者の皆さん。自慢の農産物を掲載して販路拡大しませんか?お気軽にお問い合わせください。お電話の方は、TEL0172-34-9710まで。

お問い合わせフォーム

スタッフが選ぶ注目の農家さん

りんごと地域への思いでシードルをつくる!弘前シードル工房kimori「髙橋哲史」さん

株式会社百姓堂本舗 髙橋 哲史

弘前シードル工房kimori 株式会社百姓堂本舗 髙橋 哲史さん(弘前市)

もっと見る

人気記事ランキング

もっと見る

地域別農産物検索

農産物・商品情報

生産者・バイヤー募集

お役立ちメニュー

オリジナルホームページ制作 農産物ブランディング ブランド野菜 安心安全な青森の農産物
ハーベストマーケットツイッターもあります