エリア:北津軽郡板柳町 取り扱い農産物:ふじ-無袋-ふじ-有袋-王林ひろさきふじジョナゴールドさんさきおう-黄王-プルーンぶどう-スチューベン-ぶどう-白-さくらんぼすいかとうもろこしアスパラガス毛豆ほうれん草枝豆ねぎじゃがいもゴーヤミニトマトにら米-つがるロマン-もち米乾燥野菜乾燥果物タラの芽ミズウドわらび

長内将吾 毛豆(ケマラボ)

長内将吾 毛豆(ケマラボ)の農作物

毛豆

毛豆

もっと見る

毛豆のスペシャリスト

長内将吾はりんご兼米農家の家に生まれた。農家になる前は、県外で調理師として働いていた。
実家に帰った際、晩酌のおつまみとして祖母が出してくれた毛豆。
酒にとても合い、毛豆を食べる手が止まらなくなった。
その後実家に戻り、家の畑の作業をしながら、自分で毛豆を栽培するようになる。

毛豆は一般的な枝豆と比べて収穫時期が遅い。
旬の短さや毛深い見た目も相まって、青森県外にはほとんど出回ることはなかった。
長内将吾は自分の畑で毛豆を研究した。
青森毛豆研究会といたや毛豆研究会の2団体に所属し、 毛豆のブランド化やPRにも取り組んだ。

2016年には青森毛豆研究会主催の最強毛豆決定戦で初のグランプリを獲得。
実は最強毛豆決定戦の開催のきっかけとなったのは、居酒屋での長内将吾の発言。
2013年に初開催された最強毛豆決定戦。
4年目にしての念願のグランプリ獲得は、県内のみならず県外からの反響も大きかった。
そして、県外のお客様との取引にも繋がった。

詳しくは長内将吾 毛豆(ケマラボ)公式ページへ...続きを読む

長内将吾 毛豆(ケマラボ)ニュース

もっと見る