トップページ旬のおすすめ農産物どんな使い方をする?もっと身近に、青森の「ハーブ」

旬のおすすめ農産物

どんな使い方をする?もっと身近に、青森の「ハーブ」

2017年07月04日

どんな使い方をする?もっと身近に、青森の「ハーブ」

ハーブ、野菜、花…
どのジャンルも一括りにできず、曖昧さあって非常に奥が深いものです。
今日は、一般的にハーブと括られるジャンルから、生産されている青森県のハーブ農家さんも合わせて紹介します。

---------------------------------------
◆ハーブとは?
草を意味するラテン語、herba(ヘルバ)が語源と言われ、薬草や香草などが
この呼び方で呼ばれています。
最近では日本でも知られてきた、ミントやバジル、ラベンダーなどは
代表的で親しみやすいハーブです。
また、生姜やみょうが、サンショウやわさび等の和食で薬味として
よく取り入れられるこれらもアジアに根差したハーブと言えます。

◆ハーブの分類
---観賞・外用利用として---
香りが強く花壇に植えると虫よけになる等、食べる以外の利用法と合わせて
観賞用とされるものがあります。
また、外用として入浴剤のようにお風呂に入れたり、ポプリとして利用
できるものもあります。

---食品として---
お料理の香りづけやサラダにするなど、食用として日常に使う事が
できるハーブです。強い香りなどから、臭み消しやお料理のアクセントに
使われる事が多いですが、最近ではエディブルフラワーと言い、
サラダに散らすなど、食べられるハーブの花等もあります。

---薬草(メディカル)として---
薬効成分がある植物は、抽出した成分を化学合成し、昔から
薬として用いられてきました。このような薬効成分が含まれ、
薬として使われてきたものが分類されますが、種類によっては
正しく使えば薬、用途を知らずにむやみに使うと体に毒になってしまうものまで…あります

◆青森県のハーブ
北緯40度に位置する地域がある青森県は、多種のハーブ原産地と言われる
地中海とほぼ同じで、冷涼な気候や日光の当り方がハーブの生育に
適していると言われてます。
寒さに強いハーブ類にはぴったりの環境だと言われています。

▼青森の「ハーブ」を生産する農家さんはコチラ!

ラベンダーの摘み取り体験も!
マリーハーブガーデン(青森県鰺ヶ沢町)

農薬などを使用せず、多種のハーブを栽培
CONSE Farm(青森県おいらせ町)

農薬を使用しないハーブとにんにくを栽培
みどりの里(青森県東北町)
---------------------------------------

最近ではミントをたっぷりと入れたキューバ発祥のカクテル、モヒートが日本でも
広く知られたり、トマト系のパスタに欠かせない存在となっているバジルなど。
また、お酒(ビール)を飲む人は、いつも意外と取り入れている、ホップもハーブの一つです。

幅広く利用方法があるハーブを食卓や日常に取り入れてみませんか?

旬のおすすめ農産物一覧へ戻る

お問い合わせ

農家・生産者、農業関連団体・農業従事者の皆さん。自慢の農産物を掲載して販路拡大しませんか?お気軽にお問い合わせください。お電話の方は、TEL0172-34-9710まで。

お問い合わせフォーム

スタッフが選ぶ注目の農家さん

もっと見る

人気記事ランキング

もっと見る

地域別農産物検索

農産物・商品情報

生産者・バイヤー募集

お役立ちメニュー

オリジナルホームページ制作 農産物ブランディング ブランド野菜 安心安全な青森の農産物
ハーベストマーケットツイッターもあります