エリア:つがる市 取り扱い農産物:ねぎブロッコリー

ヤマヒロ農園

ヤマヒロ農園のねぎ(無農薬・無肥料)

ねぎ(無農薬・無肥料)

品名:ねぎ(無農薬・無肥料)
収穫時期:10月上旬~11月上旬

ヤマヒロ農園では、無農薬・無肥料でねぎを栽培しています。
見た目は少し小さく、色も通常栽培のものより少し薄いですが
生命力が強いため、根っこの長さが全然違うのと、
甘みが強く、通常栽培より少し日持ちがいいです。

私が丹精込めて育てたねぎを、ぜひ一度お試しください!

「可愛い子には旅をさせよ」農法

「可愛い子には旅をさせよ」農法

私が目指しているのは、山をイメージした「自然農法」です。
できる限り人の手を加えず、野菜自身が自分の力で厳しい自然
界を生き抜く力。
それこそが、野菜本来の「おいしさ」だと私は考えています。

肥料をあげ過ぎた野菜は、人でいう成人病と一緒。
ヤマヒロ農園の野菜は、自然界の中で自分の力で生きようとする
ので、野菜の「根」の長さが違います!

「可愛い子には旅をさせよ」。
あくまで個人の主観ですが、これは人も野菜も一緒だと思ってい
ます。

「土づくり」だけに3年かけました!

「土づくり」だけに3年かけました!

土は野菜の家のようなもの。
野菜たちが元気にのびのびと育つ環境づくりのため、
3年もの間、土に残る残留農薬や肥料を全て雑草に吸わせて無農薬
・無肥料栽培に適した土づくりから始めました。

雑草を生やしては刈り取り、生やしては刈り取りをただひたすら
3年間、繰り返しました。
そうすることで土中に含まれる余計な成分が吸い取られて微生物が
増え、「活きた土」がつくられていきます。

野菜の栽培を始めた現在も、作物の周りだけは日あたりのために刈
りますが、土中の微生物の活性化と、夏場の冷却効果、冬の暖房効
果のため畝に雑草は生やし続けています。

お気軽にお問い合わせください!

お気軽にお問い合わせください!

まだまだ少量のため、お渡しできる方も限られますが、丹精込めて
育てた無農薬・無肥料のねぎにご興味のある方は、お気軽にお問い
合わせください。

スタッフが選ぶ注目の農家さん

もっと見る

人気記事ランキング

もっと見る

地域別農産物検索

農産物・商品情報

生産者・バイヤー募集

お役立ちメニュー

オリジナルホームページ制作 農産物ブランディング ブランド野菜 安心安全な青森の農産物
ハーベストマーケットツイッターもあります